ホーム > トラック豆知識 > 13.トラックの装備 > パワーゲート <トラック>

パワーゲート <トラック>

 

パワーゲートとは、トラックの荷台後部に装着して使用するエレベーターのようなものです。物を配送しているトラックは、日々、さまざまな荷物を載せたり降ろしたりしますが、このパワーゲートがあると、重い荷物が簡単に載せ降ろしできたり、人の労力を減らすことが出来ます。呼び方は様々で、昇降装置、テールゲートリフター、リフトゲートなどと呼ばれます。

 

そんな優秀なパワーゲートには、種類がいくつかあります。

まず垂直式のゲートですが、地面に対してゲートを垂直に上下させることができるゲートです。荷台の後部アオリがゲートになっていて、走行中は立てて固定しておき、使うときに開いてそのまま使用します。垂直ゲートの良いところは、ゲートの昇降をする際に揺れが少ないので転がりやすいものを荷上げ・荷降ろしするときに活躍します!

 

次に、跳ね上げ式パワーゲートですが、ゲート蓋とも呼ばれます。基本的には、ウイング車やドライバンなどの箱車に使われます。ゲートが扉の代わりになっているのがゲート蓋と呼ばれる理由です。

 

次に、格納式パワーゲートについてです。トラック業界では、「格納ゲート」と省略して呼んでいます。走行時など、ゲートを使わないときは荷台下に格納してしまってあります。なので、ゲートを使いたいときだけ、作動することが出来る便利さがあります。

 

アーム式パワーゲートについてですが、ゲートをアームの動きで水平にしたりスロープ状態に固定することができます。金属のアームが支えとなって、昇降版を上下に動かします。

 

 

【メーカー紹介】

極東開発 パワーゲート

日本フルハーフ フルゲートリフター

新明和工業 新明和オートエンジニアリング、すいちょくゲート、かくのうゲート、マルチゲート、パワーゲート

ケーテー自動車工業 フルゲートリフター

北村製作所 ペットリフト、フォルダリフト、引き出しリフト

日本リフト リフトゲート、リフトマン、テナーリフト、アンローダー

日本トレクス トレクスゲート

・ヒアブ テールリフト