ホーム > トラックは金融資産 > トラック入れ替え運用の注意点

トラック入れ替え運用の注意点

 

【業績好調時の入れ替え】

これまで、このコラムでは運送業においてのメリットデメリットを
トラック運用の視点から見てきました。
運用においてはトラックの入れ替えがとても大事で、
新しいトラックに入れ替えて、メンテナンスコストを下げていくと
トラック運用がうまくいくということを挙げています。

この入れ替えに関して、お伝えしなければいけない重要なことがあります。

 

 

ローン残債とトラックの再販価格が同じになるように入れ替えをしていくのですが、
結局これは、借り入れがようやくなくなったときに、新たに借り入れを起こすことになります。
つまり、借り入れが増えてしまうことになるのです。
注意しなければいけないのはこの点です。

トラックの台数は増えずに、入れ替えをして支払いは変わらないので、
いつも通りに見えますが、借り入れの額は増えます。

このトラックの入れ替え運用でコストを下げていくというのは、業績が好調の時のみです。
当たり前のことですが、業績が下降しているときは、
入れ替えをせずに我慢しなければ、気が付くと資金繰りに苦しむようになります。

 

 

【信頼できるトラック屋さんとともに】

業績が良いとき、ではトラックを入れ替えようとしても、
そんなにすぐには入れ替えることはできません。
なぜなら、必要なトラックが市場にないことが多いですから。
業績が良いときは、競合他社さんも業績が良いので、
欲しいトラックがすぐに手に入りません。

そこで、信頼できるトラック屋さんの登場です。

トラックの入れ替え運用をよく話し合って、入れ替えの時期や、
買取の値段、必要な車種を用意してもらうようにしましょう。
今は新古車や先行発注をしているトラック屋さんも多いです。
仕事の内容や運行状況なども相互理解が進むと、
高値買取もできるようになります。

業績が良いときにこそ、トラック屋さんとコミュニケーションをとり、
スケジュール通りの入れ替えをすることで、
未来の会社を安定させることができます。

 

ヨシノ自動車の在庫車輌を紹介!

H19 日野 デュトロ ウイング車 ワイドロング・全低床

詳細を見る

R03 日野 プロフィア ウイング車 【入庫点検中】登録済未使用車★ハイルーフ・4軸低床・メッキ架装★リターダ

詳細を見る

R03 日野 プロフィア ウイング車 【入庫点検中】登録済未使用車★ハイルーフ・4軸低床・リターダ・メッキ架装

詳細を見る