ホーム > トラックは金融資産 > トラック資産を最大化する方法

トラック資産を最大化する方法

 

 

前回は【トラック資産を高く維持する秘訣】

についてお伝えしました。

 

【トラック資産を高く維持する秘訣】

 

 

トラック自体を入れ替え続けることで、

トラック資産は高値を維持します。

あとは、

トラックへの支払いを管理しながら、

高く売れる時期にタイミングよく

入れ替えることができれば、

運送会社はトラック資産を

高く維持することができます。

 

実際にそれを実行するとなると、

1:高く売れる時期はいつなのか?

2:入れ替えトラックの調達方法

以上2つが問題となります。

 

 

ヨシノ自動車の在庫車輌を紹介!

H23 トレクス トレーラー 3軸フラットトレーラー★第五輪荷重11,390kg以上

詳細を見る

  フルハーフ トレーラー 未登録未使用車★エアサス・リフトアクスル付の2軸トレーラーウィング★

詳細を見る

H07 東急 トレーラー 8輪重トレ★シングル引き 第五輪荷重7,340kg以上

詳細を見る

 

 

【1:高く売れる時期はいつなのか?】

トラックは相場商品です。

入れ替えをする際に高く売れるときは、

高い値段で買わなければなりません。

値段がそう変わらないのは新車ですが、

相場が高いときは需要が多いので、

発注しても手に入りません。

 

ということは、高く売れるときというのは、

高い値段で買ったり、

代替車が手に入らないのです。

 

では、どうするか。

相場の価格に注目するのではなく、

入れ替えの時期に注目します。

 

トラックは時間がたてば価値が目減りするので、

高く売るためには、

なるべく早いほうが良いです。

あとは、

トラックの支払い分を回収したタイミングとなります。

つまり、

トラックを入れ替えても、

支払いが変わらなければ、

そのタイミングと言えます。

 

 

↓ こちらから車輌の価格・在庫状況の問い合わせができます♪

【ヨシノ自動車の公式LINE】

 

 

 

【2:入れ替えトラックの調達方法】

入れ替えトラックがほしい時に、

手に入らなければ、意味がありません。

そこで、おすすめしているのは、

先行発注です。

 

相場価格を想定するのではなく、

入れ替えの時期に新車、新古車を準備しておく。

という方法になります。

 

今、相場が高いから売ります。

相場が低いから入れ替えません。

ということではなく、

値段の上下が小さな新車・新古車を

入れ替えの時期を設定して、

先に準備しておくのが、

上手なトラック運用の方法です。

 

 

↓ ウイング車・バンのレンタルトラックはこちらから

 

 

【トラック資産の最大化】

2週にわたってお伝えしてきた、

トラックの運用方法ですが、

目的は「トラック資産の最大化」です。

 

どうしても、

いくらで買って、いくらで売るのか。

という資産運用に目が行きがちですが、

長期間運送事業を行うためには、

景気や相場に左右されない、

安定した調達法と安定した販売法を

確立する必要があります。

 

ヨシノ自動車では、

「トラック資産の最大化」をするために、

入れ替えタイミングを設定することが

重要とお伝えしています。

 

 

ヨシノ自動車の在庫車輌を紹介!

H24 日野 プロフィア 深ダンプ 【入荷点検中】25t深ダンプ★12.54立米

詳細を見る

R03 三菱ふそう ファイター 深ダンプ 登録済未使用車★13.26立米・土砂禁

詳細を見る

H30 いすゞ ギガ ダンプ 5.10m×2.20m★自動シート

詳細を見る