ホーム > トラックは金融資産 > 容姿が再販価値を決める。【平ボディー】

容姿が再販価値を決める。【平ボディー】

【1】平ボディーの働き方


平ボディーは、最も汎用的に使われるトラックです。

荷台が平らで荷物の積み下ろしがしやすく、

高さや長さのあるものについても、

工夫次第で運ぶことができます。

難点といえば屋根がないため、

雨や風の影響を受けないよう、

運送時に気を付ける必要があります。

用途としては多岐にわたり、

農作業、工事資材、建築資材など

ありとあらゆるものを運ぶ万能トラックです。

農作業においては軽トラックを使われることが多く、

あぜ道などで、収穫した野菜の運搬や

農機具の運搬に使われるのを見ることができます。

 

ヨシノ自動車の在庫車輌を紹介!

R01 いすゞ エルフ 平ボディー 登録済未使用車★3t標準巾・PTO付

詳細を見る

H25 三菱ふそう スーパーグレート アルミ平ボディー リアエアサスの4軸アルミ平ボディーです♪

詳細を見る

R02 日野 デュトロ 平ボディー 3tワイドロング・全低床

詳細を見る

 

 

【2】平ボディーの経年劣化


平ボディーに関しては、大型・中型・小型の区別なく、

ゆっくり経年劣化していく傾向があります。

中古車市場の取引価格も

年式やメーカーにあまり影響を受けないようです。

ただ、持ち主の使い方によって

大きく価格変動してしまうのが特徴です。

内燃機関や駆動系のトラブルがある場合は、

大きく価格を下げます。

トラックのフェイスがきれいかどうかでも

大きくイメージが違います。

トラックが稼働するとサビや塗料の付着など、

汚れが付くものです。

この平ボディ−に関しては

再販価格に大きく影響があるのも特徴です。

きれいに使って、資産価値を落とさないようにしましょう。

 

 

【トラックのレンタル】 平ボディーのトラックレンタルあります!

トラックのレンタルはヨシノレンタカーへ

 

 

【3】走行距離と再販価値


走行距離における再販価値について、

小型、中型に関してはあまり相関性がありません。

大型の平ボディに関しては、

45万キロまではある程度、価値が担保できそうです。

小型、中型に関して言えるのは、

過度に走行距離を踏まなければ、

経年劣化で価格が決まりそうです。

大型に関してですが、

走行距離が大きくなるようなら

40万キロを超えたあたりで乗り換えるのが良さそうです。

 

 

↓ こちらから車輌の価格・在庫状況の問い合わせができます♪

【ヨシノ自動車の公式LINE】

 

 

【4】おすすめ使用法とそのリスク


汎用性が高いため、

状態のいい中古車の再販価格は高いですが、

良くないと値が一気に下がるのが特徴です。

小型、中型に関しては、新車・新古車で購入し、

ずっと使うと良い資産運用になりそうです。

大型に関しては、新古車、新車の場合は、

乗り換えるなら40万キロを目安。

ピカピカの中古車が手に入ったときは

とてもお得と考えてもらっていいでしょう。

 

 

【トラック豆知識】 平ボディーの豆知識です★

[ 平ボディーについて ] トラックのザ・ド定番!!魅力を紹介しています!